新生わたらい茶

おいしいお茶の入れ方
無農薬茶について

メールマガジンお申し込み
株式会社新生わたらい茶

〒516-2118
三重県度会郡度会町田口153-4
TEL:0596-64-0580
(受付時間:
9:00〜17:00土・日曜定休)
FAX:0596-64-0581
(受付:24時間)
info@wataraicha.co.jp







美味しいお茶を入れるには、水と湯温と浸出時間が肝要です。
新生わたらい茶の「お茶の入れ方」を参考にぜひ
美味しいお茶をご賞味ください。
お茶は淹れ方によって旨くも渋くもなるものです。
おいしさの感じ方は、各人の好みもあります。標準的な淹れ方をおさえた上で、自分たちにあったお茶の種類や淹れ方を自由にアレンジしてください。

なおどのお茶にも共通することですが、急須に注いだお湯は最後の一滴まで湯飲みに注ぎきってください。
これが、二煎目、三煎目をおいしく飲むコツです。


緑茶には軟水が適しています。硬度の高い外国産のミネラルウォーターではなく軟水である日本の水・水道水が合っているのです。
ただし水道水の場合は必ずカルキ(塩素)を取り除く必要があります。

水道水を入れたヤカンを沸騰させ、フタをとって5分ほど沸騰させると、効果的にカルキを取り除くことができます。

お茶の種類によって湯の温度を変える必要があります。



上級煎茶ほど湯温を低く、浸出時間をやや長くします。その理由は、渋み成分(タンニン)は高温の湯ほど溶け出し易く、溶け出る速さもはやまるからです。

旨み成分(アミノ酸)は湯温の高さによって溶け出す量や速さは変わりません。ですからお茶の旨み成分を引き出すには低温でじっくり入れるのがコツです。


急須に茶葉をたっぷり入れ、必ず熱湯を注いでください。 浸出時間は、短め(15分程度)にし湯のみに注ぎます。
特に玄米茶、ほうじ茶は、熱湯を注ぐことによって香りが引き立ちます。

ほうじ茶・番茶は、夏に冷やしてもお楽しみください。


【1】
沸騰したお湯を70℃程度に湯冷ましします(ポットのお湯なら、湯呑みに入れて冷ました程度の温度です)。湯量は250ml。
【2】
茶葉5gを急須に入れます。
【3】
湯冷まししたお湯を急須に注ぎ、約1分、茶葉が広がり浸出するのを待ちます。
【4】
急須から湯呑み3個に分量、水色の濃淡がないよう均等に回し注ぎます。
最後の一滴まで注ぎきりましょう。二煎目からは、10秒くらいの浸出時間で注ぎましょう。





お茶は本来伝播元の中国に於いて、「余程の重病人か高貴な人」でなければ飲めないほど貴重なものでした。『喫茶養生記』で知られる栄西禅師は「茶は養生の仙薬なり、延齢の妙術なり」といっています。現在でも茶の実から摂れる油はオレイン酸が多いといわれるオリーブ油と比べても10%程多く含まれています。オレイン酸は皮脂にとてもよく似ており、保湿効果が高いといわれます。

お茶に含まれるカテキンをはじめとする有効成分は以下のような効果が期待されています。

  • 抗癌作用 カテキンの一種であるエピガロカテキンガレートという成分は活性酸素除去作用が強く、細胞の癌化を防ぐ作用があります。お茶だけで効果を期待すると一日10杯ほど飲む必要がありますが、まるごと食べるともっと少量で済みます。
  • 利尿作用 茶に含まれるカフェインが腎臓の働きを活発にし、更に血流を促す為利尿作用があります。
  • ダイエット効果 やはりカフェインが脂肪を燃焼させ、皮下脂肪をつけにくくします。
  • お肌の老化防止 お茶に含まれるカテキンは殺菌力も強く赤痢菌の増殖を抑えコレラ菌を殺すほどの殺菌力を持っています。更にカテキン、カロチン、ビタミンC、ビタミンEの抗酸化力でお肌の清潔を保ちます。場合によってはお風呂に入れても良いでしょう。
  • 風邪の予防 カテキンには抗ウイルス作用も有りうがいと併用することで更に殺菌効果が強まります。また飲むことによって腸内の悪玉菌のみを殺す作用がありますので整腸作用も有ります。
  • リラックス作用 お茶に含まれるアミノ酸の一種テアニンは脳の神経細胞に働きかけリラックスさせる作用があります。カフェインと逆の効果ですが、カフェインやカテキンは高温のお湯で抽出されますがテアニンは低温で抽出されるので急須に少し多めに茶葉を淹れ10分ほどで水出しすると美味しくテアニンを摂ることが出来ます。




お茶にはカロチン・ビタミンE・植物繊維など、湯に溶けだせなかった成分(不溶成分)が約70%あります。これらの成分を摂るには、お茶を食べることが一番です。
粉末にしてお料理・お菓子にも利用してみましょう。またお茶は消臭、殺菌効果があります。まな板等についた魚の生臭みを消すのに茶汁や茶殻で洗ったり、また茶殻を乾燥させ、脱臭剤として冷蔵庫・靴箱に利用するのもいいでしょう。